NEWS, イベント, 一般向け, 会員

2/28 起業という船の航海術|スタートアップが辿る航海

NewEvent

起業という船の航海術|スタートアップが辿る航海

<概要>
起業はある意味、未知の海への航海の始まり。

船を巧みに操り、絶え間なく変化する海に対応する船長の様に、

起業家は不確実な市場で様々な判断と行動を求められます。
今回開催するプログラムでは、そうした起業家の皆さんの「航海」をサポート致します。
スタートアップとして大きな成長を目指す方、

事業を始め次なるステージを模索中の方々を対象に、

2020年の市場の最新環境・方向性をもとに全4回に分けて、

成長・目標のイメージ方法、各段階で求められる事業開発・資金調達の基本的な手法等を解説し、

個々のケースについてメンタリングを行います。

<1回目のプログラムテーマ>
スタートアップが辿る航海:
起業・成長・失敗・M&A・IPO・倒産
– 不確実な時代の事業目標 / これからの市場が求めるもの

<開催日時>
2020年2月28日(金)18時30分から20時30分

<講師>
山下哲也 氏

山下計画(株) 代表取締役CEO
Japan Representative, Silicon Valley Venture and Innovation, LLC
Liaison Officer, 500KOBE
岡山大 Entrepreneurship Program “SiEED” ディレクター

NEC・Motorolaにて携帯電話のシステム開発・構築及び3G無線規格の国際標準化、

NTT docomoではi-mode及びスマートフォン戦略担当として、新技術開発・各種戦略提携・スマートフォン導入を担当。

Google・Evernote等をはじめとする最先端スタートアップとの共同開発・協業経験を基に、

2012年にITイノベーションの研究及び企業・スタートアップの事業開発支援を行う山下計画株式会社を設立。

最新ITトレンドの分析、スタートアップに対するメンタリング、オープンイノベーションやアクセラレーター等の各種プログラムの戦略設計・実行支援を提供中。
2016年より神戸市と500Startupsによるアクセラレーター 「500KOBE」のLiaison Officerを務める他、

Silicon Valley Venture and Innovationの日本代表として国内外のスタートアップ支援を推進中。

また、Stripe Internationalと岡山大が取り組む次世代向けEntrepreneurship育成プログラム「SiEED」のディレクターとして戦略企画・講義設計にあたり、

2019年開講時より講師を担当、未来創造に向けた新しい学びの形づくりにあたっている。
2007年 マサチューセッツ工科大学 Sloan FellowsにてMBAを取得。

<参加費>
無料(5人程度の少人数制で行います)
上限に達した場合、起業プラザひょうごの会員の方を優先させて頂きます。

<お申し込み方法>
※1回のみの参加も可能です
※4回とも以下のフォームから申込できます。
https://forms.gle/X2ZUbj2Q7WN72pxX8


※この講座は4回シリーズとなっております。
次回以降は以下の予定ですので、ぜひ、連続してのご参加をおススメします!

<2回目>
・テーマ
 スタートアップの事業成長と組織変化
 -マイルストーンの設計方法
・開催日時
 2020年3月12日(木)18時30分から20時30分

<3回目>
・テーマ
 起業と事業開発のための資金調達
 様々な資金源 / デット(債務)とエクイティ(資本)の使い分け
・開催日時
 2020年3月19日(木)18時30分から20時30分

<4回目>
・テーマ
 VCの視点
 投資家の視点と関係構築
・開催日時
 2020年3月26日(木)18時30分から20時30分

 

 

つながりが生み出すクリエイテブ 起業プラザひょうご